Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [恋するインテリジェンス]

Interview
針生 篤/川原慶久さん 戸堂眞御/間島淳司さん
奥名治広/興津和幸さん 岩倉圭祐/安元洋貴さん

※本インタビューには作品のネタバレが含まれますので、ご注意ください。


Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
間島さん 「前回もそうだったんですけど、世界観がとてもしっかりしているなという印象があるので、
そこをすごく大事にしなきゃいけないと思いながら今回もやらせて頂きました。
特に冒頭の作戦中の場面は、緊張感や緊迫感みたいなものがほしいというオーダーも重々承知の上でやりつつ、
色をつけて頂いたなという印象だったんですけど、そこがしっかりできていれば
この作品はそれで一つ成功なのかなという気がしています」
川原さん 「うんうん」
スタッフ 「本当にかっこよかったです」
間島さん 「めちゃくちゃかっこよかったよ」
川原さん 「世界観がとてもしっかりしていると今マジー(間島さん)が言っていたんですけれども、
それに助けられるという言い方は変なんですが、書いてある文面と物語を追っていくだけで
世界観がとっても広がっていくので、本当に面白いシリーズだなと思いながら今回も参加させて頂きました。
色々なキャラクターが入り乱れている中で、それぞれの関係性もチラチラと見え隠れする部分があって。
この人物達やこの話がこうなってきたんだったら、
もっと長いスパンでこの物語を見てみたいという思いもわいてきて、興味深いな~と」
間島さん 「テレビドラマとかで見たいよね」
川原さん 「そうだね。月9とかで…さすがに放送できないか(笑)」
間島さん 「そこは上手にさ(笑)」
川原さん 「上手にまとめてね(笑)」
興津さん 「斬新なストーリーでとても楽しく演じさせて頂きました。
至って真面目なことをやっているのに、なぜ乳汁を奪い合うというだけでこんなに面白いんでしょうか(笑)。
素敵なお話ですね♥」
安元さん 「絵からは想像もつかないファンキーな世界観で、台本を読んだ段階で半分腰は抜けてたんですけど」
興津さん 「(笑)」
安元さん 「現場に来て、興津君と一緒に演じることによって、もう一段階腰が抜けました」
興津さん 「(笑)」
安元さん 「すげー面白かったです(笑)」

Question02 作品中、印象に残ったシーンや聞いて欲しいシーン、聞き所などありましたらお聞かせください。
間島さん 「やっぱり前半のミッションのところが一番大きいんですけど、
特に針生を助けるために眞御ちゃんが体をはって頑張るぞみたいなところは、
緊迫感もありながら、眞御ちゃん的には相当追い込まれての苦肉の策だったりするんだろうし、
そういうところがすごく見どころかなと思いますね。その裏側での針生の気持ちとかね」
川原さん 「そうだね。分かる分かる」
間島さん 「あの辺はぜひ何度も聞いて確認して頂きたいなと思います」
川原さん 「それこそミッションのシーンから始まって、全部のドラマがラストに向かって入り乱れていて
捨てていい場所が全くないので、あえてこのシーンが見どころだということができないなと感じています。
真面目にミッションに臨んでいるところから始まって、お互いの葛藤があって。
それこそ場合によったらカリム王子もまた鬱屈を抱えて再登場するかもしれないなと思わせるぐらい、
色んな人間の感情が渦巻いているので。
本当にこの作品に関しては、僕らがここがおすすめですと言うよりは、
皆さんのおすすめの場面を聞きたい気持ちの方が大きいですね。
自分としては、釣った魚じゃないですけど、眞御ちゃんにあれだけ想いをよせられておきながら、
普段の態度のせいであれだけ彼を追い詰めてしまったという点では、もっと針生は反省した方がいい!」
間島さん 「(笑)」
川原さん 「そう思いながらこの作品に取り組ませて頂きました」
間島さん 「(笑)」
川原さん 「あんなに嫉妬するんだもん(笑)」
興津さん 「全てが面白かったので、おすすめと言われても(笑)。
どこも言えない…頭からお尻まで、最後の最後まで、ぜひとも聞いてほしいです。
おっぱい…おっぱいってこんなに楽しいものなんですね」
安元さん 「(笑)」
興津さん 「新しいおっぱいの楽しみ方が分かると思います」
安元さん 「やっぱり全体的に後半に向かってクレッシェンドで物語が盛り上がっていくんですが、
最後の盛り上がりの、そのクレッシェンドの角度が急に90度ぐらいバーン! と来たんで」
興津さん 「(笑)」
安元さん 「べらぼうな盛り上がり方をするので、そのいい意味での温度差を楽しんで頂ければと思います」

Question03 共演のご感想をお願いします。
スタッフ 「お久しぶりだとうかがいましたが」
間島さん 「そうですね。現場で会うのいつぶり?」
川原さん 「現場で会うのはそれこそこの作品ぶりじゃない?」
間島さん 「仕事ではそうか」
川原さん 「仕事としては前作ぶり…2年ぶりだよ」
スタッフ 「チームワークばっちりでしたね」
間島さん 「まあまあ旧知の仲なので(笑)」
川原さん 「それこそ気心も知れてますし、さすがだなと思うところが多いですよね。
冒頭の作戦指示のところから始まって、キリッとまとめるところはまとめつつ、
押し殺した感情がファッと出た瞬間に、どうあがいても絆されざるを得ないとなってしまうような…」
間島さん 「(笑)」
川原さん 「あ~可愛いなと針生としての役柄を超えて、客観的に聞いても、
眞御ちゃんという存在が愛おしい存在だなと感じさせる感じを投げかけてくるので。
そこはもう安心安定の間島淳司だなと」
間島さん 「(笑)」
スタッフ 「本当にその通りですね」
川原さん 「やりやすいを通り越した信頼感がありますね」
間島さん 「川原さんはやっぱり声がよいというところも含めて、すごく雰囲気のある役を演じられることが多いと思うので、そこはお任せして。
逆に僕は雰囲気というよりは、役の感情であったりとか、そういった部分を追っかけていけば
作品に色がちゃんと付いてくれるので、すごくやりやすい相方だなと思います」
スタッフ 「初めての組み合わせなんですよね」
安元さん 「そう初めて」
興津さん 「絡みは初めてですよね。色んなところでご一緒しているので、もう安心しておっぱいを吸ってもらいました」
安元さん 「(爆笑)」
興津さん 「(笑)。安心して身を委ねられました」
安元さん 「ありがたい(笑)。僕も勝手知ったる仲、現場でずっと一緒に仕事をし続けてきた仲間だったので
非常に安心しきってやれましたね。身体に馴染みました(笑)」
興津さん 「(笑)」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
間島さん 「すごく頑張りました(笑)」
川原さん 「(爆笑)」
間島さん 「非常にやりがいがある役で、僕もとても力を入れて臨みましたので、
ぜひ楽しみつくして頂きたいなと。前半も後半もとにかく面白いので。
あと、僕はこの作品の終わり方が好きなんですよ」
川原さん 「(笑)。きれいに終わらせないっていう」
間島さん 「そうそう。昔の漫画みたいな終わり方をするじゃない」
川原さん 「なんか雲ワクでファンファンファンファン…みたいなね」
間島さん 「オチがあるみたいなあの感じの終わり方が、前半の硬い雰囲気とか、
想いが通じてのラストだとかとはまた違った作品世界の色みたいなものが最後にまたあるなと思いますね。
最後まで本当に見どころだらけなので、楽しみつくして頂きたいなと思います」
川原さん 「頑張った上に、とても可愛い間島淳司をひたすら堪能して頂きたいと思うディスク1でございます。
皆様にもこの可愛さを堪能して頂き、その可愛さを堪能しているみんなを見て、
針生が嫉妬するという構図でぜひお願いしたいですね。今後のプレイのためにも、
ぜひ皆様にはこれ以上ないほど眞御ちゃんを堪能して頂ければと思います。
そして外務省メンバーがとても可愛い連中が揃っていますので、
ラスト近くの、和気藹々とした、楽しい、こいつら本当に仲がいいんだなと思わせるあのメンツが本当に好きなので、
もし可能であれば、また同じキャラクター、同じ作品、同じ仲間と、皆様にお会いできたらなと思います。
今後ともインテリジェンス世界をよろしくお願い致します」
興津さん 「インテリって、面白いですね(笑)。
愛と狂気が入り混じった素敵なお話になっておりますので、
ぜひとも心をリラックスして、思いきり笑って楽しんで頂けたらと思います。宜しくお願いします!」
安元さん 「よく馬鹿と天才は紙一重と言いますが、その紙一重を越えちゃっている人達のお話です。
でも紙一重を越えちゃっている人達っていうのは、結果めっちゃ面白いんだなと。真面目が過ぎると面白いと」
興津さん 「うん」
安元さん 「そういうことがとても分かる作品じゃないかなと思います。
元気になりたい時に聞いて下さい! 多分元気になれます!」


▲ 上に戻る